奈良市 歯科 歯医者 ブランカ歯科 ホーム > 新着情報 > 当院のエアロゾル対策について

奈良市の歯科 歯医者 ブランカ歯科の新着情報

2020年3月 9日
当院のエアロゾル対策について

新型コロナウィルスの報道などで、よく耳にする「エアロゾル」。

「エアロゾル」とは気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子のことです。

器具の滅菌・個別使用などは当然のことですが、当院では開業前より「水」と「空気」にこだわり、専用機器を組み込んだ建築設計を行っており、開業当初よりエアロゾル対策を行っております。当院に来られた患者さんは、よく歯科医院独特の匂いがしないと言われます。それは、清潔な院内の空気を作ろうと考え、設備投資を行い、スタッフで考え対策しているからです。患者さん、働くスタッフの健康にとっても清潔な空気、そして清潔な水は大切な事です。

清潔な空気を目指して、当院の取り組みを紹介します。

① 半個室の診療室設計、エコシステムの設置

  →当院で治療する装置は、殺菌水を使用しているため、一人の患者さんのお口からウイルスが活性化

   した状態で空間に漂うことはありません。また衛生面、プライバシーの観点から他の患者さんとは

   区画で仕切られ、距離を保つ半個室設計にしております。

② 口腔外バキュームの設置

  口腔内のみならず、お口の外でもバキューム装置を使用し、飛散を防止します。

③ 医療用空気清浄装置の設置、高度清浄加湿装置の設置

  花粉なども含めて院内に浮遊しているものがある場合は一般用ではなく、医療用の空気清浄装置で

  対応しています。(エアロシステム35M,2台)(三協エアテック社製 2台)

④ 各所に換気扇、ハイブリットファンの設置 

このように、院内では、ひとつの装置に頼るわけではなく、二重、三重に様々な対策をおこなっております。またこれらを活用するのは、スタッフである人間です。日々問題点があれば、ミーティングを重ねて改善に努めています。