class="treatment_guide">

入れ歯(義歯)

治療別案内

抜けた歯を何とかしたい

入れ歯をいれたい

スポーツパフォーマンスをあげたい

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

  保険の入れ歯(義歯) 自費の入れ歯(義歯)
人工歯の 色・形の問題

少ない

多い
床の種類

少ない

多い
入れ歯の固定方法

簡単な維持装置のみ

多数
製作にかかる工数

少ない

多い
装着した違和感

比較的少ない

少なくできる
入れ歯の強度

若干劣る

優れている

一番注目すべき点は、自費の入れ歯(義歯)は、
設計、製作段階で医師と技工士との間で確認が十分にとられ、
より優れている入れ歯(義歯)ができるということ
です。

製作過程で模型制作などに使われる材料は精度の高いものが使われるので、
より適合が良くかみ合わせのしっかりしたものができます。

また、人の歯の色は千差万別です。
自費の人工歯は保険と比べて、色、形とも多数用意されており、より個人にあった自然な入れ歯を作ることができます。

人の口の中は食べ物の中に髪の毛が一本混じっていただけでも、それを感じ取れるぐらい敏感にできています。
その為、より薄くできる金属床は、口の中の違和感を和らげることが可能になります。