治療別案内

入れ歯(義歯)が動く

十分治療を重ねた義歯でも動く感じが残る場合はインプラントを土台とした義歯もあります。

義歯が動く 義歯が動く
ノインプラントと入れ歯を組み合わせる方法(インプラントオーバーデンチャー)

インプラントの上にアタッチメントと呼ばれる入れ歯を固定する装置を用いることで入れ歯の動きを抑制します。
その他にもいろいろな特長があります。

特長1 ご自身の顎の骨と残っている歯が長持ちします。

義歯単独で使用する場合には、実はご自身の顎の骨をすり減らし、他の歯に負担をかけながら義歯を使っています。
インプラントを少数、効果的に利用することで顎の骨、残っている歯にかかる負担を軽減することにつながります。
その結果、ご自身の顎の骨の保存や残っている歯の延命につながります。

特長2 義歯の動きが小さくなり、噛みやすくなります。

その結果としてより小さい入れ歯を製作することが可能になります。
(上の顎や舌の前を通るバーをなくす設計も可能です。)

特長3 経済的です

初期費用はすべてをインプラントで治療を行うより安価にできます。

特長4 希望に応じて後からインプラントの数を増やすことができます。

試しに1本インプラントをした後の感じを見て追加のインプラント治療も可能です。
それにより固定感をよりアップさせることが可能です。

特長5 ご自身にもご家族にも清掃しやすいです。

取り外しができるために将来介護が必要になった方の場合でも、介護の方が清掃しやすいという特長を持ってます。