歯周病治療

バイオフィルムって何?

バイオフィルムって何?

むし歯や歯周病は、バイオフィルムと呼ばれる
ヌメヌメした細菌の膜が歯の周囲にくっついていることでおこる感染症です。

バイオフィルムは細菌の塊であるプラークの強固な固まりです。

バイオフィルムは歯面や歯と歯肉の間の歯周ポケットに
付着するだけではなく、
舌の表面(口臭の原因となる舌苔)や入れ歯にも付着します。

また、歯の表面にくっついて大きく成長、
表面はフィルムでカバーされていて、
洗口剤もあまり効果がありません。
定期的に機械的な方法で破壊し除去する事(歯のクリーニング)が最も効果的です。

この専門的な機械的歯面清掃を
P.M.T.C(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と言います。

当院では、むし歯や歯周病の予防のため、
このバイオフィルムの定期的除去(P.M.T.C)をおすすめしております。

概ね3~6ヶ月に1度はすみずみまでクリーンアップするのが、
歯や歯肉の健康には一番の方法です。

ご来院によるP.M.T.Cも大切ですが、なんといっても「日頃のブラッシング」が大切です。