奈良市 歯科 歯医者 ブランカ歯科 ホーム > 治療内容 > 矯正歯科 > 矯正歯科治療の一期治療と二期治療について

矯正歯科

矯正歯科治療の一期治療と二期治療について

●小児期の矯正治療(一期治療)
アクアフレーム
下顎が後退している症例に
用いられる装置です。
顎の成長量のコントロールとスペースの獲得を目的として行います。
軽度の叢生(でこぼこ・乱杭歯)であれば、
一期治療のみで満足のいく結果が得られる場合もあります。
適切な時期に適切な装置を使用することにより、永久歯列の矯正治療において、
抜歯の必要がなくなるケースが増えることが期待できます。

二期治療と合わせるとトータルの期間は延びることになりますが、
患者さんの負担が軽減するとともに、よりきれいで安定したかみ合わせが得られます。

●永久歯列の矯正治療(二期治療)小児期の矯正治療(一期治療)
永久歯が生えそろってから行う本格的な矯正治療です。
乳歯が残っている時期からの一期治療から引き続いて治療される場合、便宜的に「二期治療」と呼んでいますが、
大人でも子どもでも、治療内容はほぼ同じです。中学・高校以降からの矯正治療はこの永久歯列期の
矯正治療になります。
ひとつひとつの歯にブランケット(歯の表面に張り付ける小さな矯正用の部品)を接着し、すべての歯の並びを
コントロールしていきます。
最新の矯正器材を導入すること、治療機関の短縮や、治療中の痛みを少なくすることが可能になりました。