インプラント治療

当院のインプラント治療に対する考え方

当院にはインプラント治療の研鑽を積んだ日本口腔インプラント学会認証医と
口腔外科の歯学博士も在籍
しておりますが、当院では歯がない方の治療法として、
何が何でもインプラント治療を行うという方針ではなく、
まず入れ歯(義歯)やブリッジも含めて総合的に検討させて頂いております。


その後、患者様に個々の状態とそれぞれの治療法を対比させて説明させて頂き、
できる限り患者様の希望に沿うような治療法を行うようにしております。


インプラント、ブリッジ、入れ歯(義歯)のすみ分けをきちんと行いその結果、
患者様がインプラント治療を希望された場合は出来る限り負担の少ない処置になるように
様々な角度から計画を立ててインプラント治療を行うように心がけております。


現在医療の発達とともにインプラントの土台となる骨の厚みがなかったり骨が薄い方
(一般的に難症例と言われる状態)に関しても骨を作りインプラント治療を行うケースが増えてきています。
ただ現状では様々なリスクも伴います。自分自身が患者様の立場に立った時に
はたして大規模な処置をしてリスクを負ってインプラント治療を受けたいかといいますと
私自身の答えは現在のところではNoです。


そのような処置が必要な方に関しては無理にインプラントをせずに
しっかりと合った入れ歯をまず考える というほうがとても重要ではないかと考えております。
(これが意外と難しく、すべての歯科治療の中で一番難しいのは義歯治療という歯科医師の方が
世の中では一番多く、そのためインプラントありきとなっている現状が多々あるのでは思っています)


ただ最終的にどの治療法を選択されるかは、患者様自身になるため
まずどの方法を選べば、どのような利点、欠点、将来性があるかなどを含めて
分かりやすくご説明し、患者様にご理解頂くことが当院の最大の使命だと考えております。