奈良市 歯科 歯医者 ブランカ歯科 ホーム > 治療内容 > インプラント治療 > 歯が無い方のための治療である「ブリッジ」とどう違うの?

インプラント治療

歯が無い方のための治療である「ブリッジ」とどう違うの?

(1)インプラント治療は、健康な歯を削りません。

「ブリッジ」を用いた従来の治療法は、歯を失った際に、周りの健康な歯を削りって、
それを土台にして橋渡して補う方法です。

このように形成された支合歯は、ブリッジを保持する役目を果たしますが、削られた部分は元には戻りません。

「ブリッジ」を用いた従来の治療法

 

「インプラント」の治療法では、インプラントが歯根の代わりとなり、
人工歯冠の柱の役目を果たすので、周りの健康な歯を削る必要は一切ありません。

「インプラント」の治療法
(2)インプラントは、とっても長持ちします。

「ブリッジ」を用いた従来の治療法は、土台となる歯に大きな負担がかかります。
場合によっては折れてしまうこともあります。

「ブリッジ」を用いた従来の治療法

 

また、ブリッジの土台の周辺はプラークがたまりやすく、むし歯や歯周病の原因になります。
そのため、約半数のブリッジが6年程度で壊れてしまうといわれています。
その場合は再度ブリッジができないこともあり、入れ歯を入れる必要性が出てくることもあります。

「ブリッジ」を用いた従来の治療法

 

「インプラント」の治療法では、土台がなく、周りの歯に負担をかけないので、心配も最小限です。
耐久性においてもインプラントはすぐれた性質をもっています。